結婚式について

このサイトでは結婚式についての様々な情報をご紹介しています。
海が見える式場でする2人だけの国内挙式の魅力や、式の見積もりの比較ポイントに関しても取り扱っています。また式で振る舞う料理はどのようにして決めればよいのか、式の当日に受付をしてくれた人へのお礼の相場はどの程度か、さらに近年注目の1.5次会についても紹介しているサイトです。これから式を挙げようと計画しているのであれば、ぜひ参考にしてみることをおすすめします。

海が見える式場で2人だけの挙式

海が見える式場で2人だけの挙式 ゲストを大勢呼んでの結婚式も良いですが、2人だけで挙式をしたいという人もいるのではないでしょうか。
既に一度結婚したことがあり、また大勢ゲストを招待して式をするのには抵抗があるというケースもあるものです。また新婚旅行を兼ねて出かけた先で、2人だけで思い出作りをしたいと考えるカップルも少なくありません。そういった場合におすすめなのが、海が見える式場で2人だけで結婚式をするというものです。
外国でのリゾートウェディングでもこのようなスタイルが選ばれることはありますが、わざわざ海外まで行かなくても国内には海の綺麗な南国のリゾート地があります。外国まで出かけないため、比較的気軽にすることができるはずです。

海が見えるところで家族と

海が見えるところで家族と 結婚式をどんな風にしたいかという思いは人それぞれ。
絶対にこんな風にしたいという強い希望を持つ人もいれば、家族だけで静かにできればいいと思う人もいます。そんな一つの形が国内の海が見える場所で結婚式をあげることなんです。
しかし海があるところというのは場所が限られていますね。そのため自分の居住地から国内を移動するのに費用がかかることもあります。またゲストをたくさん呼びたいと思った時には、さらにコーディネートすることが大変です。
国内の海で結婚式を執り行いたいというときには、思い出に残るというメリットもありますが、費用がかかるといったデメリットもあるのです。そこで家族だけで出来るプランというのもあるのです。家族だけというのであれば、ある程度人数も限られてきます。また移動費や宿泊費を全部負担するといってもカバーすることが出来るのではないでしょうか。
また普段なかなか言えないことがあっても、プライベートな空間を演出した結婚式であれば、これまでの感謝の気持ちを素直に述べることもできるはずです。そのためあえて少人数での結婚式を選択する人も増えているのです。
記念に残るライフイベントを身近な人と一緒に過ごす、そして感謝の気持ちを伝えることが出来ます。

結婚式の準備はしっかりとしたスケジュール立てが重要

夫婦となるカップルの大きなイベントとして結婚式がありますが、より理想通りの式にしたいのであれば計画的なスケジュールの元で準備を進める事が重要です。
結婚式自体は式場の予約などの関係で半年以上先になる事が多くありますが、準備すべき内容はとても多いので時間があると余裕が持てることは少ないです。スケジュールを立てるときは式がゴールとするのであれば、順序をおって少しずつ確実に作業を行う事がポイントとなります。
そのためチェックリストを作り締め切りとなる期限を元に、1つずつ着実にこなしていく事が大切です。チェックリストがあることで漏れを防ぐ事ができ、進めるべき内容や予定もわかりやすく理解しながら行う事が出来ます。
ある程度余裕をもってすすめることで、途中のトラブルやアクシデントがあっても対応する事が出来ます。気持ち的に大変な事も多くありますが、大切な式だからこそ2人で協力しながら着実に行う事が重要といえます。

結婚式を海外で挙げる時の一般的な予算や季節

海外の結婚式は新郎新婦だけ、または2人の親族だけという少人数で行うことが多いです。友人を招待する場合は費用がかさむことを考慮して、友人たちだけ旅費を自己負担します。国内の挙式と異なりゲストが少ない分、料理などでお金はかかりません。
ただし旅費を負担するので、100万円~400万円は用意しておきましょう。この場合は結婚式と新婚旅行を同時に行えるので、全体的な費用で見れば特別高いというわけではありません。人気の場所はハワイで、現地の美しい海や空といった景色は新郎新婦の記念撮影にピッタリです。
旅費が安くなる4月~6月、9月~11月に挙式することが多いです。親族を呼ぶ場合は休みを調整しやすいゴールデンウィークや夏休みに行うことになります。
国によっては雨季と乾季が存在し、日取りに頭を悩ませるカップルもいます。しかし雨季にあたっても1日中雨が降っているわけではないので、絶対避けるべきシーズンは特にありません。

結婚式を質素にしないで費用を安くする節約術

結婚式を華やかにしつつも費用を安く抑える節約術は、日取りを工夫することです。式場では人気のある日は高く、挙式するカップルが少ない日は低めに金額を設定しています。過ごしやすい春や秋は高い傾向にあり、三連休なども繁忙期なので避けます。
おすすめなのは1月~2月あるいは6月~8月で、数日単位の少しずらしただけで費用が大きく変わることもあります。多くの人が参加しやすいように結婚式は土日祝のうちどれかで行うのは普通のことです。ほとんどの場合は翌日も休みになる土曜日を選びます。
日曜日や祝日を選ぶカップルは少ないため、安くで行いカップルの狙い目です。遠方から親戚が訪れるなどでどうしても大型連休の中で挙式したい場合、中日は安い傾向にあります。
少人数結婚式などでゲスト側で出席の調整ができるならば、平日にすればさらに費用を抑えることができます。さらに仏滅では割引キャンペーンを行うところが多いので、六輝を気にしない人にはおすすめです。

結婚式の会場選びをする場合におさえておきたいポイント

結婚式の会場選びといっても、そもそも結婚式の会場にはいくつか種類があります。まず最近増えてきているのがゲストハウスウェディングと呼ばれるもので、結婚式場を行える邸宅などを借りて挙式を行います。
こちらは、少人数でアットホームな挙式を上げるのに適しています。料金に関しても、そこまでかかるものではありません。少人数に楽しんでもらいながら式を祝いたいのであれば、レストランを会場にするのも一つの方法です。
ホテルで行うものは定番中の定番です。会場の大きさによって、規模も異なってきます。会社や親族まで交えて、大々的に行って門出を祝うのであればこのタイプのものが適しています。遠方からのゲストが多いときにも対応しやすいことも便利といえるでしょう。
教会・神社・寺院などを会場にする方法もあります。宗教に則った伝統的なスタイルを希望する場合や神秘的な雰囲気で挙式したい場合に適しています。
ただし、宗教ごとにマナーが分かれていますので事前に学んでおく必要があることを留意しましょう。結婚式の予算によって会場選びが異なってくる面があるため、ウェディングプランナーなどと相談したうえで決めておいたほうが良いです。

結婚式の招待客を決めるリストアップ方法のコツ

結婚式を予定している際に重要な準備の1つとして招待客選びがあり、挙式の規模だけでなく人間関係も踏まえて選ぶ事が難しい場合が多いです。そのため結婚式のゲストを決める上でのコツとして、まずはリストアップするという点になります。
単純に友人や親類に会社関係の人を無作為にリストアップするのではなく、優先順位をつけるという事が重要です。絶対呼びたいゲストと絶対に呼ぶ必要があるゲストと出来れば呼びたいという順位リストを作成することで、ある程度どうするかが見えてきます。
特に絶対呼びたいゲストと絶対呼ぶ必要があるゲストの優先順位には、気持ち的に呼びたい人の方が強くても呼ばなければいけない人を優先するという点です。絶対に式に呼ばなければいけない人というのは、今後の人生でも大きく関係してくる人になります。
絶対呼ぶ必要があるゲストを基本に、呼びたい人とできれば呼びたい人という順で招待客を決定していく事がコツでありポイントと言えます。

神戸で結婚式場を探すなら

結婚式 神戸 海

新着情報

◎2022/3/17

情報を更新しました。
>結婚式の準備はしっかりとしたスケジュール立てが重要
>結婚式を海外で挙げる時の一般的な予算や季節
>結婚式を質素にしないで費用を安くする節約術
>結婚式の会場選びをする場合におさえておきたいポイント
>結婚式の招待客を決めるリストアップ方法のコツ

◎2021/5/27

来賓挨拶のお礼はどれくらいすべきか
の情報を更新しました。

◎2021/3/18

お祝い金の相場について
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「結婚式 国内」
に関連するツイート
Twitter

「韓国で文鮮明師が創立し、日本国内の本部は64年に設立された。合同結婚式で知られる。一方、霊感商法とのかかわりが長年指摘されており、全国霊感商法対策弁護士連絡会などが教会の責任を追及している。」

インスタ見ると誰かしら結婚式に参列してない?すごいね?私友達全然いないし地元の人間と付き合いほぼほぼ無いから結婚式呼ばれた事も呼ばれる気配も微塵もないよ???一生結婚式に縁がないまま死ぬ国内ランキング17位くらいだと思う

3年前の今日、結婚式挙げた日。 新婚旅行も兼ねて海外で。 とても楽しかったけど、正直披露宴を華々しく行ってる友人たちが羨ましかった。国内で挙式披露宴をやらなかったこと、両親に対して申し訳なくて今でも私は軽く後悔してる。 なんでそこの考え方違うのに結婚したん?ってなるんやけどな😅